最近は、東京都外から来店してくださるお客様が増えました。

ありがとうございます。
その理由は、トラヴィスの髪質改善トリートメントもそうなんですが、
Dry cutを目当てに来店してくださる方が多くなってきました。
ボリュームが出ない毛量が少なめな方も、いらっしゃいます。
でも、毛量調節をしない、毛量調節という概念を捨てたcoc dry cutなのに、
毛量が多くて(多毛で)悩んでいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。
トラヴィスのドライカットは、セニングやレザー、スライドカットなど、毛量をとる目的のカットをしません。
デザインを作るのであって、毛量をとる目的ではないという事。
頭の丸みに合わせて、丸く丸く、毛先の落ちる位置を合わせていくような感じです。
カットラインとかも気にしません。
よく美容師が言う
「ここ、つながってる?」とか「つながってない」とか「つなげている」とか言ってませんか?
これ、カットラインの事を言っているのですが、これも特に気にしません笑。
頭にヘアデザインをきちんと丸み(立体感3D)を作って切ると、毛量が多くても、意外と軽く感じられ、まとまります。
で、なぜ、毛量が多い、多毛の人は、髪を梳いたり、間引いたりするとまとまらなくなるか?
実は、毛量をとる行為って、中に短い毛を作る行為と同じなんです。
つまり、毛量をとると、シルエットのバランスが、上へ上へと行きます。
 
ボリュームの位置が、上に上がります。
 
とくに、ハチまわりが膨らみます。
もともと、生えている量が多い方を梳くと、大量の、短い毛がでます。

生えグセ、頭の形、生え際、耳の位置、など考えずにセニング(梳く)をしてしまうと、、、「こんもり」「毛先パサパサ」という表現がしっくりくるヘアスタイルになってしまいます。

 

毛量が多いと言っても、様々なパターンがあります。

 

  1. 毛髪が太い。ごわごわなクセがある。
  2. 本当に、毛量が多い。
  3. 骨格が原因で多く感じる。

 

1の場合は、クセをなくすと、案外、毛量が普通の場合が多いです。

2の場合、これは、まれです。しかし、毛の太さなども関係している場合があります。

3の場合、このケースが多いです。

へたうま図で説明すると、、、、

続きはこちら