髪を洗ったら、すぐに乾かしたほうがいいのか?

 

それとも、少しの間、自然乾燥させてからのほうがいいのか?

 

毎日の事だから、ドライヤーのダメージが気になりますよね?

 

 

{B7A54453-E5CC-4A84-BBAC-B4C55D782BB7:01}

ドライヤーの熱を少しでも少なくした方が痛まないのじゃないかと思いませんか?

 

色々、試している方もいらっしゃいます。

 

お風呂から出た後、タオルターバンをして1~2時間放置。

充分に、タオルで水気を取ってから乾かすという方もいます。

 

また、お風呂から出たら直ぐに乾かすという方もいます。

 

どっちが、オススメか?

 

 

トラヴィス目線では、

すぐに乾かすことをオススメします。

 

 

なぜか??

 

確かに、直ぐに乾かすより、少しの間自然乾燥させた方が、ドライヤーをかける時間は減りますよね。

 

しかし!

それよりも、

直ぐに乾かす方が、はるかにメリットがあります。

 

1、実は、濡れている髪は脆い。

 

髪は濡れていると、弱くなります。

水分によって、髪の形状を保つ結合が切れてしまいます。

つまり、物理的ダメージ(擦れ、引っ張り)などにとても弱くなります。

髪が濡れている状態で寝てしまうと、枕などと擦れダメージしていまいます。

とくに、濡れている状態でしばったり結いたりしないように!

結びグセの原因が濡れている時の結びグセ。

これ、実は頑固なウネリの原因になるのです。

 

2、生乾きの臭い。実は髪もします。

 

とくに、ロングの方は要注意!

毛量が多い方も!

高温多湿のこれからの季節は、とくになります。

臭いの原因は、菌ですよね。

カビ菌?

人の皮膚は、そう簡単には、菌に侵されない。

だけど常在菌がきちんと働いていればの話。

やはり、人の皮膚は乾いているのがベストな状態になります。

髪が濡れていると肌もジメジメします。頭皮のためにも乾かしましょう。

 

 

3、キューティクルを閉じる。

 

シャンプーやカラー、パーマ、縮毛矯正などなど、ダメージの原因はたくさんあります。

なにもしないで自然乾燥すると、キューティクルが水分を出そうと頑張ります。

キューティクルを開くような感じです。

これは、とくにダメージしている髪の毛ほどそうなります。

で、どうなるか。

開いたまま乾いちゃいます。

キューティクルは、水分を乾かすための形状になっちゃいます。

パサパサで硬く、まとまらず、癖が多く出てしまいます。

パッと乾かすと、キュッとキューティクルが閉じて、程よい水分を保ってくれます。

たとえ、乾かしすぎても空気中の水分を適度に吸って、落ち着いていきます。

でも、自然乾燥の毛先はパサパサのまま。

やはり、これはキューティクルの開閉によるものですね。

 

 

 

 

日常の乾燥や物理的ダメージから耐えられるように、乾かしましょう。

 

 

また肌を正常に清潔に保つためにも、乾かすことは、とても重要です!

 

自分では、気づきにくい髪の生乾きの臭い対策は、すぐに乾かすことです。

 

もし、乾きにくい場合は、ヘアケアアイテムをサッパリタイプに変えましょう!

 

 

 

長岡ブログ