こんにちは。松下です。

最近は夏に明るくした髪色を一変、

秋なので暗めの色(ダークブラウン)にされるお客様が増えています。

秋ってやはり、色を落ち着かせたくなりますよね。

少し色を落ち着かせることで、

艶も出て見えるのでオススメです。

暗くした髪を、また明るくする場合。_20161005_1

先日、

「黒までいかないけど、

けっこう暗めの色にしたい」

と言われ、ダークブラウンにさせていただいたお客様。

1カ月後ご来店なさったときに、「やっぱりまた明るくしたい」

と、仰られていました。

このケースは、秋に限らずよくありますね。

(就活で黒髪にして、終わったらまた明るくしたいケースもあります)

このような場合、お客様に説明させていただくのが

「あまりダメージさせたくないなら、徐々に明るくしていったほうが、いいかもしれませんね。」

という、松下提案。

暗くした髪色を、以前のように明るめカラーに戻す場合、

一気に明るくすると「ダメージしやすい&ムラになりやすい」です。

髪を暗くするには、

濃い染料をしっかり入れるので、(すぐ退色しないように)

一気に明るくする為には、かなり強めの薬を使用します。

少しづつ明るくしていったほうが、

綺麗に、負担も少なく明るくしていけます。

「計画を立ててトーンアップ作戦」です。笑

その後の髪のコンディションが

大きく左右されるので、<慌てず徐々に>がオススメです。

参考にしてみて下さいね。

ネット予約はこちらから