ホームカラーとサロンカラーは、何が違うの?

って、よく聞きます。

今回は、違いを分かり安く説明したいと思います。

1.色と剤の豊富さ

市販のカラー剤は、単色販売ですね。色を調節するという事ができません。

例えば、サロンで白髪を染めるとき、まずは、色の調節。

そして、剤を考えます。

同じような色でも、カラー剤の種類(メーカー)によって得意な色、髪質があります。

サロンでは、それをふまえて配合しカラー剤を作ります。

 

2.残留薬害(薬剤)を考える

トラヴィスでは、約90%超の方がカラーの際にトリートメント(毛髪修復、艶髪再生)や髪質改善をされます。

ただ、ベリーショートの方などは、トリートメントをされません。

でも、トリートメントをされない方でも3~5日間は、サラサラでいられるようにします。

なぜか?

トラヴィスでは、残留薬害を除去しているからです。

その物自体は、2~3日ほっておいても、大丈夫なものです。

そこまで怖がるものではないのですが、次回いらっしゃるまでの期間。

早い人で3週間は、期間が空きます。

微々たるものでも、長期間になると影響が出てきます。

やはり、除去の必要性が出てきます。

残留薬害その1 活性酸素

多くの有識者の方が、老化の原因と言っています。

といっても、空気に触れている限り、酸素とは切り離すことができません。

しかも、活性酸素は、健康を維持するために(細菌の分解、消毒薬の役目)必要だったりします。

しかし、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

ありすぎると肌や髪を傷めます。

そこで、酸素と結びつくトリートメントをつけて除去します。

残留薬害その2 アルカリ

PHで知られるアルカリです。

人体を溶かすには、酸よりアルカリです。

実は、アルカリには濃度があります。

つまり、酸の濃度が薄いものでアルカリを抑えてもすぐに、ぶり返します。

酸性がきつければよいものではなく、緩衝作用があるものを使わなければなりません。

 

3.客観的に見ましょう!

トラヴィスでは、色彩学やパーソナルカラーを採用しております。

美容師など、客観的にアドバイスをしてくれる人は、とても大切です。

フォーシーズンカラー選択法によって

好きな色×似あう色×季節×ヘアスタイル×TPO

を相談しましょう。

 

 

以上、簡単ですが説明です。

最近は、においのしない市販のカラー剤が主流になっていますが、

ホームカラーの場合、なるべく臭いものにしましょう。

なぜなら、揮発することでカラー剤が残りにくいからです。

また、シャンプーをいいものにしましょう。

残留薬剤を除去してくれるシャンプーがあります。

ぜひ、相談してください。